水戸電子専門学校

水戸電子専門学校 トピックス

祝!「応用情報技術者試験(LEVEL3)3名合格者誕生!!」

先日「速報」でもお伝えしたように、平成30年度春期「情報処理技術者試験」において、レベル3の「応用情報技術者試験」合格者が3名誕生しました!

SEマスタコース3年生のK君(写真左)とH君(写真中央)、SEプログラマコース2年のM君(写真右)。合格おめでとうございます!

本校ではこれで4年連続・3期連続の合格者輩出となります。
今回の合格率は社会人も含めて22.7%、合格者平均年齢は29.3歳でした。
相変わらず社会人でも合格が難しい試験のようです。

そんな中、茨城の専門学校の合格者は8人。
合格率は50%と健闘し、本校もその一角を占めることができて光栄に思います。

今回合格した3人は早くもレベル4に向かって始動しました。
コツコツと着実に積み上げる彼らは、秋の試験で自分たちのレベルをまた一段階上げてくれることでしょう。

3人とも合格本当におめでとうございます!!

それでは合格者の声、どうぞ!

~合格者のコメント~

○情報システム学科/SEマスタコース Kくん(日立第一高校出身)
私はただ用語を暗記することが苦手だったので、まずは過去問を解いてから間違えた問題に出てきた用語を解説や参考書を読んで理解するようにした結果、無事合格することができました。
ですので、応用情報試験に合格する為には自分に合った学習法を見つけることが一番だと思います。
○情報システム学科/SEマスタコース Hくん(明秀日立高校出身)
私は勉強する際には苦手科目の洗い出しを行い、得意科目の勉強を中心に行いました。
苦手科目の抽出を行うために、過去問題を繰り返しやることで自分の本当の弱点を知ることができました。苦手な部分も完全に捨てるわけではなく、先生方の手を借りて少しずつ克服していくことが大事だと思います。
○情報処理学科/SEプログラマコース Mくん(太田第一高校出身)
私は水戸電子専門学校に入学するまで情報処理の分野について学んだことがありませんでした。
それにも関わらず今回合格することが出来たのは、生徒を全力でサポートしてくれる今の環境あってのことだと思います。
今後は更なる実力をつけるべく、より学習に励んでいきたいと思います。

水戸電子ではレベル2「基本情報処理試験」も先日10名の合格者誕生の報告をさせていただきました。
また、他の学生も入学後3か月でレベル1「ITパスポート」合格の声も多数。

資格を武器にしてITの世界に飛び込みたいあなた。違う分野からコンピュータの分野に飛び込みたいあなた。
不安な気持ちや心配をオープンキャンパスで相談してみませんか?
専門のスタッフがあなたの可能性を見出してくれるかも知れません。

本校は国家資格を目指す環境が整っているだけではなく、基礎からコンピュータの知識を学んで、やがてはIT企業に就職する際に困らないスキルを身につけて卒業することを目標にサポートします。

まずは、オープンキャンパスに来てください。
皆さまのご参加お待ちしております。

水戸電子専門学校

このページのトップへ