水戸電子専門学校

現役高校美術部学生 第5回Web展覧会

水戸電子専門学校では、茨城県内の美術・デザイン系に興味がある高校生の進学や就職応援を目的として、作品コンテストを開催します。
日頃の成果を見せる絶好の機会です。優秀な作品には画材類の賞品をプレゼント!
高校生の皆さん、この機会にぜひチャレンジしてみてください!

掲載画像は可能な限りオリジナルに近づけていますが、撮影条件により、写り込みや光の反射、明暗差をどうしても抑えきれず、画像の質が落ちている場合がありますこと、どうぞご了承ください。
審査会は12月中旬に開催します。それに伴いまして、優秀者の発表、賞品のお届けは新年明けになることをご了承ください。今回、応募学校多数につきホームページへのアップが遅れましたことお詫び申し上げます。

「光へ伸ばす手」
田中 悠菜(勝田高等学校 3年)

【仕様】キャンバスに油彩
【アピールポイント】
太陽の光が入り水が光っているところや泡の質感を描く際に特に気を使ったのは、どのようにして色をなじませるということだった。それを解決するためにティッシュペーパーを使った。そして、手の部分は青系の絵の具を薄く伸ばしていくことで画面に合うようにした。

「赤い宇宙」
真庭 彩(勝田高等学校 3年)

【仕様】キャンバスに油彩
【アピールポイント】
正面で見ても絵の具の重なった立体感がでるように塗りかさねました。

→作品一覧に戻る

「Baby blue eyes」
河野 優衣(勝田高等学校 1年)

【仕様】キャンバスに油彩
【アピールポイント】
・空のグラデーション
・花の大きさの違い
・構図

→作品一覧に戻る

「Bamboo Nebla」
南口 彩花(勝田高等学校 3年)

【仕様】キャンバスに油彩
【アピールポイント】
星雲を天の川とし、笹船を浮かべたことで、幻想的な雰囲気を作り出すことができた。描く際には、キャンバスを一度黒で塗り、上から明るい色を塗っていった。宇宙の闇に呑まれることのない星の輝きの力強さを表現しようと考え、様々な明るい色を使った。星雲を写真で見た時の、ぼんやりとした輪郭を描くようこころがけた。中心に更に違った色の笹船を置いたことで、見せたいものをはっきりとさせることができた。また油彩の重ね塗りの特徴を存分に生かすことができた。

→作品一覧に戻る

「昼下がりの高架下」
魚津 まゆ(勝田高等学校 3年)

【仕様】キャンバスに油彩
【アピールポイント】
人工物を描いてみたいと思い、都会を題材に選んだ。雨上がりでまだ道路が濡れている様子を表現するのが難しかった。この絵を描くのに光の反射を丁寧に描くことを気をつけた。道路に反射した光を描くことで、暗い画面の中に明るさを足すことを工夫した。
何度も描き直し、納得のいく仕上がりになってよかったと思う。

→作品一覧に戻る

「蛇滝」
寺門 萌々菜(勝田高等学校 2年)

【仕様】キャンバスに油彩
【アピールポイント】
滝と、その水しぶきを中心に描きました。特に、滝は光の反射などによって色が1色ではなく、いろいろな色で構成されていたので、その色を絵の具で表現することに力を入れました。

→作品一覧に戻る

「自由無碍」
南口 彩花(勝田高等学校 3年)

【仕様】キャンバスに油彩。
【アピールポイント】
雲の質感を出すために、何度も塗り直しを行いました。また、水面に映る様子を描き出すために、キャンバスを逆さにしたりして描きました。青と白が中心ですが、赤い風船を入れたことで、物語性を入れる工夫をしました。

→作品一覧に戻る

「超新星爆発」
寺門 萌々菜(勝田高等学校 2年)

【仕様】キャンバスに油彩。
【アピールポイント】
超新星爆発は宇宙でおこる爆発のため、一般的な爆発とは違う。その違いをはっきりさせるために重要となるのが陰影であったので、そこに1番力をいれた。そして、爆発の際に発生するとされる光の輪を表現するために色遣いを重視して、スパッタリングなどの技法を使い、描いた。

→作品一覧に戻る

「Moon-viewing」
上遠野 瞳(勝田高等学校 1年)

【仕様】キャンバスに油彩
【アピールポイント】
・月を少しリアルにしたところ
・卯の可愛さ

「可変」
沼田 奈々(日立第二高等学校 1年)

【仕様】パネルに紙を水張り。アクリル絵具。色鉛筆。
【アピールポイント】
この作品タイトルのように私も、変えていきたいと思いタツノオトシゴを描きました。そして、タツノオトシゴの質感を見てほしいです。

→作品一覧に戻る

「青に染まる」
木村 絵美(日立第二高等学校 2年)

【仕様】パネルに紙を水張り。透明水彩。
【アピールポイント】
作品全体を青にし、明暗をつけることによって、同じような色でも、はっきりと形が分かるようにしている。また、水彩の水に溶けやすいという特徴を生かして、上から光が差し込む様子や、風車が回っていることを表現した。所々にいる、海の生き物を配置することで、より水中という感じが伝わるようにした。

「虎視眈々(こしたんたん)」
勝山 佳小里(日立第二高等学校 2年)

【仕様】パネルに紙を水張り。アクリル絵具。
【アピールポイント】
幼少期から惹かれていた虎を描いてみようと思い、今回の作品に取り入れた。特に虎の毛の色の変化、流れを意識して描いた。

→作品一覧に戻る

「彩」
大武 秋穂(日立第二高等学校 3年)

【仕様】パネルに紙を水張り。透明水彩。アクリル絵具。
【アピールポイント】
「和」を主なテーマとして、幻想的な世界を描きました。日本の歴史的なデザインである和柄の美しさを表現できるように努めました。多様な色を使い、彩りあふれる作品に仕上げました。

→作品一覧に戻る

「並木道」
鈴木 香菜(日立第二高等学校 2年)

【仕様】パネルに紙を水張り。アクリル絵具。
【アピールポイント】
並木道は、普通の並木道ではなく、奥にゆくにつれて、季節が変わっていく様子を表現した。急に葉の色が変わるというよりは、違う色どうしがなじむような塗り方をした。

→作品一覧に戻る

「Encounter」
村上 綾那(日立第二高等学校 1年)

【仕様】パネルに紙を水張り。アクリル絵具。色鉛筆
【アピールポイント】
他の作品との差別化を図るために骨を描き、背景を黒一色で塗りました。
骨の陰に注目して頂けたら嬉しいです。

「旅路」
吉田 磨由(日立第二高等学校 3年)

【仕様】パネルに紙を水張り。透明水彩。アクリル絵具。パステル。コピックライナー。色鉛筆。水彩色鉛筆。
【アピールポイント】
全体の色調に気を使いました。牛のぽわぽわ感を出すために、全体を淡水の色にして、特に先頭の羊は目立つように色をつけました。全体としては、羊と泡の存在感を強めるため、背景はあえてあまり描き込まず、パステルでぼんやりさせました。泡も、質感を出すために、ケント紙の上に質の異なる紙をはり、その上からぬりました。

→作品一覧に戻る

「陶芸」
加藤 浩史(鹿島灘高等学校 1年)

【仕様】陶芸用粘土。
【アピールポイント】
「ふれあい陶芸」という授業の中で製作したもの。
先生の指導のもと、がんばって作りました。

→作品一覧に戻る

「ザ・陶芸」
吉原 寛恵(鹿島灘高等学校 1年)

【仕様】陶芸用粘土。
【アピールポイント】
「ふれあい陶芸」という授業の中で製作したもの。
苦労して悩みながら作った作品です。簡単そうに見えるかもしれませんが、作るのに大変な作品でした。

→作品一覧に戻る

「イカモドキ」
谷田川 篤志(鹿島灘高等学校 3年)

【仕様】コピー用紙に色鉛筆。シャープペンシル。
【アピールポイント】
イカモドキの下にある文字等、色の濃さについて使い分ける事をポイントにして、イカの形を見てほしいです。

「ハロウィン」
大月 千怜(鹿島灘高等学校 3年)

【仕様】コピー用紙にコピック。コピックライナー。
【アピールポイント】
季節はずれですが、ハロウィンをテーマにした絵を描きました。カボチャの表情が、影に気をつけて色をぬりました。楽しく描けたので良かったです。

→作品一覧に戻る

「ネコ耳帽子」
原 敬之(鹿島灘高等学校 3年)

【仕様】コピー用紙に鉛筆。シャープペンシル。MONO消しゴム。
【アピールポイント】
ネコミミ帽子、「オリジナル」です。

「八神 はやて」
原 敬之(鹿島灘高等学校 3年)

【仕様】画用紙に鉛筆。シャープペンシル。ボールペン。色鉛筆。
【アピールポイント】
色をつけた。「魔法少女リリカルなのは」のキャラクターです。 

→作品一覧に戻る

「一服する大人」
櫻井 若菜(鹿島灘高等学校 3年)

【仕様】コピー用紙にシャープペンシル。
【アピールポイント】
長い間絵を描いておらず、感覚を取り戻すために描きました。模写ではありますが、自分の全てを出せた作品だと思います。

「ひらめき」
岩洞 千春(石岡第二高等学校 2年)

【仕様】パネルに紙を水張り。木炭。
【アピールポイント】
まだ、制作途中ですが、もっとしっかりと細部まで描き込んで表現したい。 

→作品一覧に戻る

「スノーランド」
常盤 真紀子(石岡第二高等学校 3年)

【仕様】パネルに紙を水張り。アクリル絵具。
【アピールポイント】
色彩を豊かに、空間・形体・質感などの造形要素を理解しながら、自分なりの表現スタイルを完成させたい。

→作品一覧に戻る

「Noël nuit」
岩間 涼音(水戸女子高等学校 1年)

【仕様】ペンタブレットとPCによるデジタルイラストレーション
【アピールポイント】
左上にサンタクロースが小さくいる。ローソクの火をこだわった。クリスマスらしさを出すために、頑張った。

→作品一覧に戻る

「夕日」
三村 楓(常磐大学高等学校 3年)

【仕様】キャンバスに油彩。
【アピールポイント】
何度も色を重ねて描くことができる油絵具が好きで、絵画作品を制作しています。

→作品一覧に戻る

「FLOWER」
関根 穂乃花(常磐大学高等学校 1年)

【仕様】アクリル絵具。色鉛筆。
【アピールポイント】
少女と花をアクリル絵具と色鉛筆で描きました。

→作品一覧に戻る

「林檎」
島田 優姫(常磐大学高等学校 1年)

【仕様】アクリル絵具。色鉛筆。
【アピールポイント】
林檎を様々な模様で表現しました。

→作品一覧に戻る

「理解できない夢の象徴」
髙畠 勝弘(常磐大学高等学校 1年)

【仕様】石膏。新聞紙。紙粘土。
【アピールポイント】
ライオンを石膏と紙粘土を使い制作しました。とても大きいので形をまとめることに苦労しました。

→作品一覧に戻る

「DOG」
浅野 航(常磐大学高等学校 2年)

【仕様】割箸。アクリル絵具。
【アピールポイント】
割り箸を切っては着彩、切っては着彩しました。すべて割り箸で出来ています。

→作品一覧に戻る

「零戦」
薄井 聖(常磐大学高等学校 2年)

【仕様】新聞紙。針金。絵具。
【アピールポイント】
映画に感銘を受けて制作しました。

→作品一覧に戻る

「巨大テーブルサッカーゲームの製作」
情報技術科2年生・美術部・美術I授業共同作品
髙橋智也・髙橋直希 他 (水戸工業高等学校)

【仕様】木材・塩ビパイプ・アクリル絵の具他
【アピールポイント】
今年度,本校の文化祭(3年に1回開催)に向けて「巨大テーブルサッカーゲームの製作」を情報技術科2年生のクラス企画として製作しました。サッカーは世界で最も人気があるスポーツのひとつであり,ルールも比較的簡単なので老若男女を問わず楽しむことができ,文化祭当日は生徒だけでなく保護者の方々や一般の来客者の方々にも,とても好評でした。

→作品一覧に戻る

「巨大ジェンガの製作」
情報技術科2年生共同作品
堀口楓太・小松涼 他 (水戸工業高等学校)

【仕様】段ボール・紙製ガムテープ
【アピールポイント】
「巨大テーブルサッカーゲームの製作」と同じく,文化祭用に情報技術科2年生のクラス企画として製作しました。縦・横・高さを本物の市販されているジェンガの木片と全く同じ比率で計算し製作しました。また,色も木材のようにみえるように段ボールと肌色のガムテープを使い工夫しました。

→作品一覧に戻る

「CGによるエコバッグのポスター(イラスト)」
阿部 由香里(水戸工業高等学校 2年)

【仕様】コンピュータソフト
【アピールポイント】
エコバッグのポスター(イラスト)を親しみが持てるような雰囲気を出すようにするのが苦労しました。女の子の表情を優しくし,また色も優しい色使いにし,「地球にも優しく」というメッセージも含めました。

「布製ガムテープから作った使えるエコバッグ」
美術部2年生共同作品 眞壁芳哉・小薗美里
(水戸工業高等学校 2年)

【仕様】布製ガムテープ
【アピールポイント】
丈夫で安価でしかも雨にも強い実際に,普通に使用できるエコバッグを製作しました。バッグのサイズは財布や携帯電話などが入れられる小物用のバッグとA4サイズの書類等が入る大きさのバッグを2種類製作し工夫しました。また,青・白・赤の3色のトリコロールカラーはフランスの国旗をモチーフにしました。 

→作品一覧に戻る

「トリックアート」
美術部1年生 石崎 風香・美術部2年 小薗 美里 共同作品
(水戸工業高等学校)

【仕様】水性カラーペン・色画用紙
【アピールポイント】
平面なのに,見る角度によって出っ張ったり凹んだり見える不思議なトリックアートを描きました。自分の手や身近にある文房具や学校にある工具等から型を写しました。曲線の部分がとても難しかったです。

→作品一覧に戻る

「自然の中で生きる少女」
鈴木 さつき(東海高等学校 1年)

【仕様】パネルに紙を水張り。透明水彩。
【アピールポイント】
向日葵やコスモスなどの花に力をいれました。グラデーションや影など細かく描きました。少女の髪がグラデーションになるようにがんばりました。回りの葉や蝶、鳥なども引き立つように気をつけました。

「花」
山口 真穂(東海高等学校 2年)

【仕様】キャンバスに油彩。
【アピールポイント】
花が飛び出して見えるように描きました。 

→作品一覧に戻る

「Déese de la mer profonde」
川上 結衣(東海高等学校 2年)

【仕様】パネルに紙を水張り。水彩絵具。
【アピールポイント】
人魚の視線とかみの毛を頑張りました。少しでも、はかなげな雰囲気が伝わればいいなと思います。かみの毛の中に魚が居ることに気付いてもらえたら幸いです。

→作品一覧に戻る

「お花の切り絵」
大部 沙也花(東海高等学校 1年)

【仕様】画用紙による切り絵。
【アピールポイント】
色をつけて華やかにしたこと。
小さい葉とか、大きいのでこまかい所がある。

「霊知の太陽信仰」
成田 ヒカリ(東海高等学校 1年)

【仕様】パネルに紙を水張り。アクリル絵具。
【アピールポイント】
宇宙をイメージした背景と、太陽の前に立つ少女の力強さがでるよう描きました。

→作品一覧に戻る

「ケーキはイカガ?」
菊池 雅音(東海高等学校 3年)

【仕様】ミクスト・メディアによる立体作品(スタイロフォーム、シリコーンシーリング材、アクリル絵具、など。)
【アピールポイント】
自分の好きなものを詰め込んだ美味しい美味しいケーキ(?)です。あべこべでメルヘンなこの脳内世界…。ぜひ、一口食べてみてください。

「四季」
和田 絵璃奈(東海高等学校 3年)

【仕様】パネルに紙を水張り。ケント紙等、各種紙類。水彩絵具。
【アピールポイント】
四季折々を切り絵にしました。鯉のうろこを特に力をいれました。

→作品一覧に戻る

「作りだす者」
豊嶋 理奈(東海高等学校 2年)

【仕様】パネルに紙を水張り。アクリル絵具。マニキュア。
【アピールポイント】
しゃぼん玉の特徴を表現した部分や、少女を目立たせる為にマニキュアを使った事。

「一歩一歩」
神永 夕季(東海高等学校 2年)

【仕様】パネルに紙を水張り。アクリル絵具。
【アピールポイント】
特になし。

→作品一覧に戻る

「mermaid」
寺門 京香(東海高等学校 2年)

【仕様】パネルに紙を水張り。アクリル絵具、他。
【アピールポイント】
ホログラムとラメのキラキラ感。

「Please sit down !!」
長根 美歩(東海高等学校 3年)

【仕様】木材、布、スポンジ、アクリル絵具。
【アピールポイント】
座る所の柄。大きさや色が違う所を見てもらいたい。椅子の背もたれが折りたためるところ。所どころ、色が違うところ。誰が座っても大丈夫な椅子 !!

→作品一覧に戻る

「タバコ」
笹目 ななみ(中央高等学校 2年)

【仕様】スケッチブックにクレヨン。
【アピールポイント】
タバコを吸う女の人を描きました。外見はすごい着飾っているけど、体の内側はすごく黒くなってしまっています。今回はタバコを吸う人で表現しましたが、人間の本当の美しさは何なのかということを伝えたくて描きました。

→作品一覧に戻る

「世界」
小田 佳奈(中央高等学校 2年)

【仕様】コピー用紙にボールペン。
【アピールポイント】
羽の生えた人形を世界と置き換えて、それは人間によって自由に、簡単に壊され変えられるものだということを表現した。

「守る」
中根 円香(中央高等学校 2年)

【仕様】コピー用紙にボールペン。色鉛筆。
【アピールポイント】
ゴミを不法投棄する人が多い今の世の中で、逆に、海にいる側の立場だったのなら、と『海の側』に着目しました。ゴミが捨てられるのは海ばかりではありませんが、自分達の住んでいる所に有害なゴミが降ってきたら。というのを表現しやすいのは『海』だなと思い海にしました。この男の子は、海の代表で、ゴミをまとめています。それをクジラや鳥たちが助けているイメージです。緑のハタは、自然を大切にしてほしいというこの人達の意思表示です。ボールペンと色えんぴつの使い分けを工夫してみました。

→作品一覧に戻る

「半分」
丸目 愛純(中央高等学校 2年)

【仕様】コピー用紙にコピック。シャープペンシル。
【アピールポイント】
3人の横顔を描きました。表情も髪型も顔のつくりもちがくなるように描きました。それぞれ目立たせるように、髪色やもろもろカラフルにしました。長い髪の毛で顔をかくしたかったので、手前から2番目の子はそのように描きました。

→作品一覧に戻る

「コセイ」
一ノ澤 しずく(中央高等学校 2年)

【仕様】コピー用紙にボールペン。
【アピールポイント】
人の個性は様々で、奥深い。そしてそれらは性別、年齢など関係なく、いろんな色に明るく輝く。この絵を見て、いろんなことを感じてもらえたらよいと思います。

→作品一覧に戻る

「うお座」
鈴木 唯以(那珂湊高等学校 1年)

【仕様】漫画原稿用紙にコピック。
【アピールポイント】
足の所のグラデーションをがんばりました。

「マーブリン(黒ウィズ)」
鈴木 唯以(那珂湊高等学校 1年)

【仕様】漫画原稿用紙にコピック。
【アピールポイント】
布のかげのぬり方をがんばりました。

→作品一覧に戻る

「ペットボトル猫」
酒出 真奈(那珂湊高等学校 2年)

【仕様】漫画原稿用紙に色鉛筆。
【アピールポイント】
猫がペットボトルのふたで、お湯をそそいでフロに入っているというイメージです。猫が好きなので、猫ができるだけかわいく見えるよう描きました。

「軍服」
田川 陽奈子(那珂湊高等学校 1年)

【仕様】画用紙に水彩。シャープペンシル。
【アピールポイント】
特になし。

→作品一覧に戻る

「風」
山本 莉都(那珂湊高等学校 2年)

【仕様】漫画原稿用紙に色鉛筆。
【アピールポイント】
アングルをすこし下にさげて、色えんぴつでさわやかさを出しました。

「悪魔」
川﨑 沙羅(那珂湊高等学校 2年)

【仕様】漫画原稿用紙に色鉛筆。ボールペン。
【アピールポイント】
悪魔っぽくしたかったので黒系の色でぬりました。目だけボールペンにしたのは、目を強調させたかったからです。見えづらいですが、セリフにも注目してみてください。

→作品一覧に戻る

「映画GANTZ -玄野 計-」
立原 遥(友部高等学校 2年)

【仕様】
画用紙に鉛筆(HB、2B)。消しゴム。サインペン。
【アピールポイント】
私は人間を描くことが苦手なのですが、映画でGANTZを見てとても格好良かったので、勢いみたいなもので描いてしまいました。でも、人の顔は左右対称でないので目も右と左で違うし、眉の形も決まった形ではないので、位置を決めたり、えんぴつだけで明暗をつけるのはとても時間がかかりました。少しずつでも練習して、もっとデッサンの腕を磨きたいです。

「Story」
冨吉 莉帆(友部高等学校 3年)

【仕様】漫画原稿用紙にコピックマルチライナー。
【アピールポイント】
一つの絵にファンタジーの物語りをつめこんでみました。物語りを自分なりにかいしゃくして見てください。

→作品一覧に戻る

「カボチャ祭」
渡辺 真里菜(友部高等学校 3年)

【仕様】
漫画原稿用紙にコピックマルチライナー。色鉛筆。
【アピールポイント】
様々な表情、色のカボチャを描いたところと、余白無しにしきつめたところです。

「献血でつなぐ未来」
渡辺 真里菜(友部高等学校 3年)

【仕様】画用紙にコピックマルチライナー。色鉛筆。
【アピールポイント】
A、B、O、AB型と色がかぶらないようにした配色と、明るい色でぬり上げた少女です。赤いリボンは献血をモチーフにしました。

→作品一覧に戻る

「夢現」
渡辺 真里菜(友部高等学校 3年)

【仕様】漫画原稿用紙にコピックマルチライナー。
【アピールポイント】
シンプルなロリータファッションは白を基調とし、黒のコルセットでメリハリをつけました。右目のバラ型をモチーフにした眼帯は、ファンタジーっぽい要素という形でとりいれました。レースなどの影つけは、しっかりできたかなと思います。

「キンギョのセカイ」
川又 萌音(友部高等学校 3年)

【仕様】
漫画原稿用紙にコピックマルチライナー。色鉛筆。
【アピールポイント】
金魚のヒレや花びらのヒラヒラ感とシルエット。ポップな色の絵と泳いでいる魚を描きたいと思って描きました。

→作品一覧に戻る

「主人公がニャオニクスの更なる技!!」
草野 清美(常陸大宮高等学校 2年)

【仕様】シャープペンシル。
【アピールポイント】
僕は、画用紙の背景を描いた所、印象に残っていることがありました。主人公の居場所から遠近法を使い、数々の奥山を描きました。そして今、相手とのポケモンバトルを勝負し、主人公の指示からニャオニクスが更なる強い技を出してくるではないかと僕は思います。様々な物事を描くのに大変でした。

→作品一覧に戻る

「江戸の女性」
伊藤 杏奴(常陸大宮高等学校 1年)

【仕様】水彩絵具。
【アピールポイント】
頭の花かざりが見てもらいたいポイントです。イメージは江戸の風景です。

「愛・あい・アイ・哀」
大内 愛実(常陸大宮高等学校 1年)

【仕様】
水彩絵具。筆ペン。鉛筆。コンパス。
【アピールポイント】
時計を構成している「太陽と月」とアネモネ、日本水仙、リンドウ、ルピナスの花言葉です。「太陽と月」を対としてます。アネモネ、日本水仙、リンドウ、ルピナスはそれぞれ「君を愛す」「自己中心」「悲しんでいるあなたを愛す」「貪欲」の花言葉を使用しています。「自己中心的な愛で女性を愛す男性に愛されてしまった哀れな女性」のイメージで見て頂ければと思います。

→作品一覧に戻る

「笑顔の女の子」
小林 真衣(常陸大宮高等学校 1年)

【仕様】色鉛筆。鉛筆。
【アピールポイント】
女の子が笑っているように描いた。みた人が少しでも笑顔になるようにと思って「笑顔の女の子」を描いた。1ヵ所に色を必ず2色以上つかっているので、そこをみてもらえると嬉しいです。

「世界揺らせ宇宙」
細貝 凛(常陸大宮高等学校 1年)

【仕様】水性ペン。
【アピールポイント】
宇宙の色あざやかさをカラーペンで表現したところ。

→作品一覧に戻る

「友人」
永井 ひかり(鉾田第一高等学校 1年)

【仕様】キャンバスにアクリル絵具。
【アピールポイント】
見たままを表現したくて、質感や光の反射を意識しながら多くの色をつかって描きました。

「窓辺」
太田 舞由(鉾田第一高等学校 1年)

【仕様】キャンバスに油彩
【アピールポイント】
手前の物の印象を強く、奥の物の印象を弱くしたことで見やすい絵にした。逆光の絵だが、影を暗くしすぎないようにして、全体が調和するようにした。

→作品一覧に戻る

「アヒルと石膏像」
本宮 綾佳(鉾田第一高等学校 2年)

【仕様】キャンバスに油彩
【アピールポイント】

  • アヒルの羽の質感を出すためにぬり方を工夫しました。
  • ビンの光のあたっている感じを筆のぬり方で工夫しました。
  • 石膏を1色ではなく、たくさんの色ををつかいました。
「望蜀」
関 沙也花(鉾田第一高等学校 3年)

【仕様】キャンバスに油彩
【アピールポイント】

  • 石膏像3体と人物というあまり見ない構図にした点。
  • 暖色、寒色の特性を生かして、石膏の立体感を表現した点。
  • 前の石膏と後ろの石膏とで塗り方を変えることで、遠近感を表現した点。
  • 一番気に入っている表現は下のテーブルの反射。

→作品一覧に戻る

「牛骨と石膏像」
出沼 佑一朗(鉾田第一高等学校 2年)

【仕様】キャンバスに油彩
【アピールポイント】

  • 全体的に細かく描きこんだこと。
  • たくさんの色を使ったこと。
  • 後ろの石膏像の色を暗めに、前のを明るめにして、奥ゆきが出るように工夫した。
「静物」
田島 千晴(鉾田第一高等学校 2年)

【仕様】キャンバスに油彩
【アピールポイント】

  • 椅子やその上の木の木目や陰影、質感などは特に何度も塗り重ねたりして工夫しました。
  • 緑のビンと白い水指しの微妙な映り込みも意識しました。
  • リンゴの色も注意深く塗り重ねました。

→作品一覧に戻る

「夏の田んぼ道」
勢子 真穂(鉾田第一高等学校 1年)

【仕様】キャンバスに油彩。
【アピールポイント】
全体的に緑系統の色が多いが、関係のないような色と混色し色の違いをつけ、ほとんど色が被らないように着色することができたところ。
全体的に鮮やかにせず、落ちついた色でまとめることができたところ。

→作品一覧に戻る

「石膏とユーフォニアム」
塙 茉夕香(鉾田第一高等学校 1年)

【仕様】キャンバスにアクリル絵具
【アピールポイント】
ガラス玉の透け具合、後ろのロープまで細かくかいたこと。ユーフォニアムに写り込んでいるものを細かくかいたり、さびている部分を雰囲気だせるように色んな色をまぜたこと。プラスチックの鎖は凄く細かくかきこんだこと。石膏は光のあたっている方向を意識してかいたこと。びんは陶器のなめらかさを出すためにつやつやと光を描いたこと。

「画図今昔合戦」
髙正 大輔(鉾田第一高等学校 2年)

【仕様】パネルに紙を水張り。耐水性のペン。筆ペン。
【アピールポイント】

  • なるべく全体にキャラクターを配置し、とにかく細かく描いたこと。
  • いろんな昔話の、様々なキャラクター達を戦わせる設定。
  • 絵のどこかに、小さいダルマと河童が何体ずつかいること。
  • 「舌切り雀」の「化け物つづら」の妖怪達 vs 悪鬼。

→作品一覧に戻る

「歌枕」
笹目 亜美(鉾田第一高等学校 1年)

【仕様】
パネルに紙を水張り。色画用紙。和紙。折り紙。
【アピールポイント】

  • 蛇の体の細かい鱗の切りこみと花をイメージした切りこみのところ。
  • 絵全体のバランスをとるために、元の絵の上に小さな切り絵や、おり紙を置いたところ。
  • 1つ1つの特徴を出すために使う色紙の質、色を変えたところ。
「提灯」
高柳 奈都子(鉾田第一高等学校 3年)

【仕様】
パネルに紙を水張り。アクリル絵具。透明水彩。
【アピールポイント】
現実にありそうでないような風景にしたかったので、日本の墓のイメージ(地蔵)と外国の墓のイメージ(十字架)を組み合わせてみました。

→作品一覧に戻る

「美術室の私」
清宮 三伽(鉾田第一高等学校 3年)

【仕様】キャンバスにアクリル絵具。
【アピールポイント】
私が描いた絵の中で一番大きな作品です。非常に大きなサイズのキャンバスなのでメインの自画像は迫力が出るように頑張りました。また色にすごくこだわったので、この作品は私の色彩の世界観が強く出ていると思います。製作途中で絵の具を垂らし、塗り重ねることで絵に深みや奥行きがだせました。

→作品一覧に戻る

「電子レンジが・・・」
村澤 佳純(鉾田第一高等学校 3年)

【仕様】木材。アクリル絵具。新聞紙。クラフトひも。
【アピールポイント】
たくさんある手の指や色、クラフトひもを巻いて作ったコンセント、アンティーク風の電子レンジ本体に注目してもらいたいです。また、電子レンジに釘でつけた傷にも注目してもらいたい。

→作品一覧に戻る

「ユーフォニウムと石こう像と梟」
吉田 ききょう(鉾田第一高等学校 2年)

【仕様】キャンバスにアクリル絵具
【アピールポイント】
モチーフが多かったので、それぞれの質感の違いが表現できるよう意識して描きました。また、厚みを出すため、違う色の絵の具を画面の上で混ぜながら何重にもぬり重ねる工夫をしました。

「楽器と貝」
市村 祐樹(鉾田第一高等学校 1年)

【仕様】キャンバスにアクリル絵具。
【アピールポイント】
個人的に頑張った点としては、ユーフォニウムの金属光沢です。自分はアクリル絵具で金属物を描くのは今回が初めてなので、他の箇所と比較すると、恐らく一番時間かけていると思います。光の反射やサビなどの表現が特に頑張った点です。

→作品一覧に戻る

「骨かぶり紀行」
小峰 菜織(鉾田第一高等学校 1年)

【仕様】
パネルに紙を水張り。アクリル絵具。水彩ペン。
【アピールポイント】

  • アクリルをわざとムラが出ないようにぬりたくったところ。
  • 細部の影などを水彩ペンのさまざまな色合いをつかって表現したところ。
  • 写真等を参考にして骨や砂漠を丁寧にぬっていった所。
  • 色彩が全体的にあざやかになっているところ。

→作品一覧に戻る

「スマホ依存症」
英賀 美裕紀(大成女子高等学校 3年)

【仕様】
Clip Studio Paint Debutによるデジタルイラストレーション。

→作品一覧に戻る

「Blaze Of Funeral」
大澤 祥子(大成女子高等学校 3年)

【仕様】
Clip Studio Paint, Illust Studioによるデジタルイラストレーション。
【アピールポイント】
光の加減に特に注意しました。また、空の宇宙の色が透けている感じを出すのが難しかったです。この絵は、死者の魂が炎となって空に昇っていくというイメージで描きました。誰かの死を悼み、それでも笑って別れを告げようとする、そんな気持ちを女の子の表情から感じ取って頂けると幸いです。

「奇跡」
根本 春香(大成女子高等学校 3年)

【仕様】
Sai、Clip Studio Paintによるデジタルイラストレーション。
【アピールポイント】
青いバラの花ことばに注目してほしいです。あと、小さくて見えないかもしれないのですが、周辺のバラをぼかして空気中の埃を光らせて空間を意識しています。

→作品一覧に戻る

「覚悟を持った少女」
佐藤 瑞穂(大成女子高等学校 1年)

【仕様】漫画原稿用紙にコピック
【アピールポイント】
慣れないコピックで着色したので、あまり思いどおりにはいかなかったけれど、今回の着色でコピックの色使い方の多手法など学ぶ事が出来ました。私が描いて楽しい少女を描きました。今まで大人しい少女ばかり描いていたので、今回はカッコイイ感じの少女を描きました。後ろの髪は長かった設定で、戦う時に邪魔で、自らの手で長い髪を手に持っている小刀で切ったという、少女の覚悟を表現した絵です。少しでもそう見てくださると嬉しいです。

「海王」
藤田 理乃(大成女子高等学校 1年)

【仕様】漫画原稿用紙にコピック。
【アピールポイント】
人魚の鱗と肉体など・・・、工夫しました。背景の海中を、奥行きや光の入りぐあいを表現しようとがんばりました。慣れないコピックに苦戦しながらも、海の中、人物を色々工夫しながら描きました。

→作品一覧に戻る

「快晴の下」
進藤 久愛(波崎高等学校 2年)

【仕様】
ペイントツール「SAI」によるデジタルイラストレーション。
【アピールポイント】
あまりなれていない厚塗りをSAIというペイントツールでやってみました。草原で少女が遊んでいるという所をイメージしました

「安らぎのひととき」
岩井 秀人(波崎高等学校 1年)

【仕様】水彩絵具
【アピールポイント】
単色で塗らずに,黒なども黒のみではなく別の色を混ぜてから塗って,固く暗くならないようにしました。
またこの絵は,この絵を見た誰かが少しでもいやされて日頃の疲れを取り除けたらいいなという思いを込めて完成させたので,誰かがこの絵を見ていやされることを願います。

→作品一覧に戻る

「深海のローレライ」
坂本 彩華(波崎高等学校 1年)

【仕様】
ペイントツール「アルパカ」によるデジタルイラストレーション。
【アピールポイント】
あまりグラデーションを使わず,どれだけ世界観を表現できるかチャレンジしてみました。
海が青いという概念にとらわれず,不思議な空間をつくってみました。
表情や色の選択で何かワケありな心情があると考えてもらえる作品になっていると幸いです。

→作品一覧に戻る

「CB750K2.カスタム」
山下 葵(水戸平成学園高等学校 2年)

【仕様】鉛筆。
【アピールポイント】
こまかくかきました。

→作品一覧に戻る

「和(わ)」
白田 優奈(水戸平成学園高等学校 1年)

【仕様】
画用紙にアクリル絵具。コピック。折り紙(切り絵)。色鉛筆。
【アピールポイント】
描かれている男の子の肌の色。影を青、紫、赤など、たくさんの色を使って、色鮮やかに仕上げました。波も、中に渦を1つ1つ描き、鯉もコピックをにじませることでリアルになり、うろこを金色の色鉛筆で描くことで鯉の美しさを表現しました。まりは切り絵になっており、背景の花札は1つ1つ違う絵柄になっています。

「The love behind the strong.」
ニンマニー・ジラーパン(水戸平成学園高等学校 1年)

【仕様】画用紙に色鉛筆。黒ペン。
【アピールポイント】
二人は王様と妃。そのストーリーに注目してほしい。妃は戦いの不安があったけど、王様が守ってくれて心が強くなれた。その“ありがとう”の想いが王様を見つめる目と、王様に重ねた手に表れている。また、王様の手と目には、妃を大切に想い、敵から守ろうとする気持ちが表れている。

→作品一覧に戻る

「祈り」
間瀬 実穂(水戸平成学園高等学校 1年)

【仕様】スケッチブックに色鉛筆。
【アピールポイント】
平和と愛をテーマに。今、世界で起きている悲惨な出来事、自分自身への葛藤、起こっている全てのことを抱きしめる母のような見守りや祈りをイメージしてこの作品を描きました。

→作品一覧に戻る

「冬に愛と蜜を」
高澤 千華(水戸商業高等学校 3年)

【仕様】
SAIとペンタブによるデジタルイラストレーション。
【アピールポイント】
寒い冬に甘くて暖かい蜜のような愛のイメージです。この少女の服は甘くて少しほろ苦いキャラメルのような蜜を意識して透明感やとろとろつやつやとした質感を意識しました。

「透明度」
有働 宗一郎(水戸桜ノ牧高等学校 3年)

【仕様】水彩絵具
【アピールポイント】
不透明な缶と透明なグラスを対比させて描きました。
缶の古びたところと、グラスに反射している影に注目して下さい。

→作品一覧に戻る

「平面上の人工」
村田 凛架(茨城東高等学校 2年)

【仕様】
コピー用紙にボールペン。シャープペンシル。消しゴム。
【アピールポイント】
こまかい影と、こまかい服のもよう。最後をボールペン1本で表現した所。

「時の流れ」
荻谷 美紀(茨城東高等学校 2年)

【仕様】
コピー用紙にシャープペンシル。ボールペン。
【アピールポイント】

  • ゆかたのもよう
  • ばんがさの形

→作品一覧に戻る

「白骨症」
原田 大和(茨城東高等学校 2年)

【仕様】
コピー用紙にシャープペンシル。鉛筆。消しゴム。
【アピールポイント】
骨を出来るだけ本物に近い質感で描いた所を見てもらいたいです。

「door~忘れられた者~」
本多 愛美(茨城東高等学校 2年)

【仕様】コピー用紙に鉛筆(HB、B、4B)
【アピールポイント】

  • すべて鉛筆で影や、人形の質感をあらわしたところ。
  • 奥に見える、たてものと、人形のほほが、かけていることから、時代の流れをあらわしたところ。
  • 暗いところと明るいところの差をだすために、なんどもぬりかさねたところ。

→作品一覧に戻る

「十六夜の巫女」
中村 諒子(茨城東高等学校 2年)

【仕様】
コピー用紙にGペン。カブラペン。丸ペン。コピック。
【アピールポイント】
月夜にあてられ神聖な巫女の姿を、コピックを使い濃淡をつけ、光のあたりかげんを調整しました。それとコピックの形状を活かし、桜の花びらをリアルに再現できるよう工夫しました。

→作品一覧に戻る

「小さな世界」
伊藤 彩音(茨城東高等学校 2年)

【仕様】コピー用紙に鉛筆。消しゴム。
【アピールポイント】
裸体を描くところで、ぼかすのがポイントです。透き通って見えるようにしました。

→作品一覧に戻る

「蝶の貴婦人」
大平 菜摘(鉾田第二高等学校 3年)

【仕様】
パネルに画用紙を水張り。アクリル絵具。折り紙(切り絵)。ペン。のり。
【アピールポイント】
背景や服の柄は折り紙を利用して切り貼りしました。髪型は花魁の髪型を少しくずしたような髪型にしました。服は和と洋を入れ混ぜて考えた服です。
背中の蛾の羽は個人的に蛾の中で一番きれいだと思う大水青という名の蛾をモデルとして描きました。

「無題」
谷田川 沙希(鉾田第二高等学校 1年)

【仕様】ケント紙にミリペン。
【アピールポイント】
好きなように見てください。

→作品一覧に戻る

「カラフル」
塚原 百合子(鉾田第二高等学校 1年)

【仕様】パネルに画用紙を水張り。アクリル絵具。
【アピールポイント】
色の組み合わせにこだわりました。

→作品一覧に戻る

「静物」
土井 愛里華(鉾田第二高等学校 1年)

【仕様】キャンバスに油彩。
【アピールポイント】
りんごを中心に描きました。なのでぜひりんごを中心にして見ていただけると嬉しいです!!(^^)

「華人(かじん)の逆襲」
大平 真穂(鉾田第二高等学校 2年)

【仕様】
粘土、針金、水彩、ニス、造花、柳、植木鉢を使用したオブジェ。
【アピールポイント】
全体の不気味な感じを出すために、歯並びを悪くしました。一本一本つくり、あえて不揃いにしました。お花の部分は、ボリュームを出すために2本の花を混ぜて作りました。背中に葉の羽をつけて、妖精っぽくしたのもポイントです。ホンモノの柳を使って生き生きしている感じも出しました。

→作品一覧に戻る

「静物」
塚原 百合子(鉾田第二高等学校 1年)

【仕様】キャンバスに油彩。
【アピールポイント】
雰囲気作りをがんばりました。

→作品一覧に戻る

「四季」
大平 菜摘(鉾田第二高等学校 3年)

【仕様】キャンバスに油彩。
【アピールポイント】
切り株のごつごつ感を出すためにかわいた絵の具のかたまりをくっつけて上からぬり直しました。好きな物はていねいに描きました。

→作品一覧に戻る

「漂流生物」
早坂 月那(高萩清松高等学校 1年)

【仕様】油彩。
【アピールポイント】

  • プチプチで模様をつけた所。
  • アピール→カラフルな感じにした。
「夜の灯り」
瀬谷 沙悠(高萩清松高等学校 1年)

【仕様】水彩絵具。
【アピールポイント】

  • ドリッピングなどの技法
  • 配色

→作品一覧に戻る

「海中散歩」
神永 遥菜(高萩清松高等学校 1年)

【仕様】油彩。アクリル絵具。
【アピールポイント】

  • 一番下にいる魚のうろこ。
  • 上の方の光の表現の仕方。

→作品一覧に戻る

「黒猫」
山形 野乃(高萩清松高等学校 1年)

【仕様】アクリル絵具。水彩絵具。
【アピールポイント】
猫の目。

「kau wela」
石井 真美(高萩清松高等学校 2年)

【仕様】油彩。
【アピールポイント】
夏をテーマにしたので、夏を感じとってもらいたいです。

→作品一覧に戻る

「蝶の乱舞」
平山 優花(高萩清松高等学校 1年)

【仕様】画用紙。
【アピールポイント】
白い蝶の切り絵と黒い蝶の切り絵の重なりあった所です。

「原色」
渡部 遥(大子清流高等学校 3年)

【仕様】
パネルにケント紙を水張り。アクリル絵具。コピックマルチライナー。

→作品一覧に戻る

「闇の光」
益子 純佳(大子清流高等学校 3年)

【仕様】
パネルにケント紙を水張り。アクリル絵具。色鉛筆。コピックマルチライナー。
【アピールポイント】
闇の中に光が一つひとつ、魂のともしびのように儚さを表しているのがポイントです。

→作品一覧に戻る

「昼行灯」
後藤 くるみ(大子清流高等学校 3年)

【仕様】
パネルにケント紙を水張り。アクリル絵具。色鉛筆。クレヨン。コピック。ネオピコ。透明水彩絵具。
【アピールポイント】
手と背景。

→作品一覧に戻る

「死後の世界」
笠井 千礼(大子清流高等学校 2年)

【仕様】
パネルにケント紙を水張り。水彩絵具。色鉛筆。
【アピールポイント】
虹の色がきれいに見えるようにがんばった。

「ふしぎな世界」
木澤 津久美(大子清流高等学校 2年)

【仕様】
パネルにケント紙を水張り。色鉛筆。
【アピールポイント】
見てもらいたいポイントは、蝶の色を重ねて鮮やかに見えるようにしました。そこを見てほしいです。あとは、薔薇の片方を黒でぬって不気味な感じにしました。全体的に暗い感じに表現してみました。

→作品一覧に戻る

「神域」
小林 伊織(大子清流高等学校 2年)

【仕様】
パネルにケント紙を水張り。透明水彩絵具。コピックマルチライナー。
【アピールポイント】
人が立ちいることができない、神々の領域をイメージして描きました。月明かりが照らす二体の神々と背景の空間に注目してご覧になって下さい。

→作品一覧に戻る

「華占い」
益子 蒼衣(大子清流高等学校 2年)

【仕様】
パネルにケント紙を水張り。アクリル絵具。色鉛筆。透明水彩絵具。
【アピールポイント】
自分の気持ちすら花びらにたくしてしまうような恋する少女が、心から信じている「恋の神さま」をイメージした。迷いや苦しみも恋の醍醐味ではあるけれど、少女にとってそれはとても辛いことであり、いつでも救いを求めているのではないだろうか。おちていく少女と受けとめる救いの手、それを見守る女神だけが、その辛さを知っているのかもしれない。

「亡き者」
増渕 遥(大子清流高等学校 2年)

【仕様】
パネルにケント紙を水張り。アクリル絵具。水彩絵具。透明水彩絵具。色鉛筆。
【アピールポイント】
アクリル絵の具と色鉛筆を使い、絵に奥行きを出せるように努力した。また、色鉛筆で厚塗りし、立体感が出るように描いた。上部のセーラー服の少女は、人を亡くした悲しみに春夏秋冬いくら季節が過ぎても溺れている様子を描いた。少女から下の部分には死の世界を表現し、色鮮やかな部分とモノクロの対比をはっきりさせた。

→作品一覧に戻る

「百鬼夜行」
石井 あかり(大子清流高等学校 1年)

【仕様】
パネルにケント紙を水張り。アクリル絵具。油性色鉛筆。ボールペン。
【アピールポイント】
「静止する美」をテーマに意識して描きました。ずっと頭の中にあった構図だったので、描けて良かったです。キリンの色ぬりが丁寧にできて満足なので、そこを見てほしいです。

→作品一覧に戻る

「水の都へ」
小野瀬 舞波(大子清流高等学校 1年)

【仕様】
パネルにケント紙を水張り。アクリル絵具。水彩絵具。
【アピールポイント】
細かな街並み。

→作品一覧に戻る

「花魁道中」
木村 ひより(大子清流高等学校 1年)

【仕様】
パネルにケント紙を水張り。アクリル絵具。ドローイングペン。
【アピールポイント】
細かく描いた着物の模様と人物の表情。

「妖精と平和達」
豊田 あかり(大子清流高等学校 1年)

【仕様】
パネルにケント紙を水張り。アクリル絵具。水彩絵具。色鉛筆。
【アピールポイント】
妖精の羽を色えんぴつでグラデーションになるようにぬりました。

→作品一覧に戻る

「ゴロンとチョコゴロ寝」
大和田 愛(水戸啓明高等学校 1年)

【仕様】
布。糸。綿。ファスナー。マネキン。
【アピールポイント】

  • 茶色の布の部分はチョココロネ風寝袋になっていて、しっぽの方からマネキンの顔をだしてみた。
  • アピールしたいことは、パッと見たとき生活感あふれるように見えるが、寝袋が普通でないこと、そして人の出ているはずの足が出ていないというような不思議な形に仕上げた。
「私の全て。(仮)」
清水 菜々子(水戸啓明高等学校 1年)

【仕様】
パネルに画用紙を水張り。0号パネルに雑誌の切り抜き。
【アピールポイント】

  • 絵の中心に人の姿があること。
  • 自分の好きなものを集めて、コラージュしてみた。
  • よく見ないと、人の姿が見えないから、よく見て私の好きなものを感じてほしい。

→作品一覧に戻る

「弱肉強食の逆襲」
青山 夢(水戸啓明高等学校 3年)

【仕様】ミクストメディア
【アピールポイント】
「もし世界が逆転したら・・・?」って考えた時、この作品を作ろうと思いました。動物をカラフルに表現したので、そこを見てもらえるとうれしいです。

→作品一覧に戻る

「微生物」
横須賀 斗和(水戸啓明高等学校 1年)

【仕様】キャンバスにアクリル絵具。水性サインペン。
【アピールポイント】
微生物というのがとても小さく未知の世界という点が思い浮かんだので、色を日常的でない色を使ったところを工夫した。又、個人的に未知というところで宇宙というのも入れたかったので、全体の色の強弱を出した。

→作品一覧に戻る

「木ハチの巣」
湯浅 誠一郎(水戸啓明高等学校 3年)

【仕様】木彫

→作品一覧に戻る

「猫」
柳 和剛(水戸啓明高等学校 2年)

【仕様】画用紙にアクリル絵具。
【アピールポイント】
階段からこちらを見ている黒猫、背景や猫の目の色をがんばって作ったのでよく見て欲しいと思います。

「ヒトガタ」
岡本 慶(水戸啓明高等学校 2年)

【仕様】キャンバスにアクリル絵具。
【アピールポイント】
人形の中には血が流れているのか、考えながら見てもらいたいです。

→作品一覧に戻る

「棚」
菊池 友(水戸啓明高等学校 1年)

【仕様】0号パネル。木工用ニス。アヒルの首。
【アピールポイント】
アヒルの首を棚の持ち手に見たてた所。

→作品一覧に戻る

「RINGO」
佐藤 広康(水戸啓明高等学校 2年)

【仕様】ガラス。絵具。
【アピールポイント】
リンゴを色鮮やかにしました。

「society」
宇都 ひとみ(水戸啓明高等学校 3年)

【仕様】
紙粘土。ワイヤー。新聞紙。包帯などを使用したオブジェ。
【アピールポイント】
社会には偏見がつきものだ。社会は人が多勢いてなりたつ。つまり、十人十色な訳だから仕方ない。だが、その社会で少数派として生きる者は、自分が活きるために、飲み込まれないために、偏見と闘い続けなければならない。偏見のある「社会」という寄生虫に寄生された者。首を絞めている緑の手は、脊髄から寄生した「社会」であり、肌色の生き物は、寄生されながらも抗う少数派の一人である。

→作品一覧に戻る

「春を迎えに」
菊池 満理奈(水戸啓明高等学校 2年)

【仕様】パネルに画用紙を水張り。アクリル絵具。
【アピールポイント】
春を迎えにやってきた子人たちが春の種をまいていって花がどんどん咲いていっている絵を描きました。花やチョウを細かく描いていったところと、子人たちの動きや表情をみてもらいたいと思います。あたたかな雰囲気を出せるように意識したので、感じてもらえたら嬉しいです。

→作品一覧に戻る

「クジラ」
宮本 日和(水戸啓明高等学校 2年)

【仕様】インク。ペンのキャップ。スプレー。缶のふた。
【アピールポイント】
ペンや缶などのふたを使って、クジラをスタンプしました。

→作品一覧に戻る

「守ろう、皆の地球(すみか)」
秋山 七海(水戸啓明高等学校 3年)

【仕様】
パネルにケント紙を水張り。アクリル絵具。透明水彩絵具。
【アピールポイント】
私たち人間に訴えかける、動物たちの健気なまなざしを感じとってほしいです。画面上に張りめぐらされている赤い糸は、動物たちと人間とのつながりを表しています。

「恢復」
秋山 七海(水戸啓明高等学校 3年)

【仕様】アクリル絵具。
【アピールポイント】
傷心の後、だんだんと回復してゆく思春期の女の子の気持ちを表現しました。夕暮れの空にゆらゆらただよう一羽の鳥は、女の子の心を表しています。

→作品一覧に戻る

「愛」
宇都 ひとみ(水戸啓明高等学校 3年)

【仕様】
キャンバスにアクリル絵具。油彩。蝋燭の蝋。穴あけパンチの紙ゴミ。
【アピールポイント】
人がおもわず目を背けたくなるようなことやもの・・・。それは「悲しい」や「かわいそう」、「気持ち悪い」といったマイナスな存在です。この絵の真ん中にいる赤ん坊は、飢餓、アルビノ、地雷被害、身体欠損、ゴキブリの足、などマイナスなものが詰まっています。そして穏やかに笑って女性の服を掴んでいます。私はこの世界に存在してる全ての物はこの世界に愛されている、と思っています。赤ん坊を抱いている女性は「愛」の具現化した姿です。沢山の愛を詰めたこの作品は、見た人をきっと幸せにしてくれるはずです。

→作品一覧に戻る

「ガチャガチャ」
青山 夢(水戸啓明高等学校 3年)

【仕様】ミクストメディア。
【アピールポイント】
静物をカラフルに描きました!
小さいながぐつをカラフルにうまく描けたので、そこを見てもらえるとうれしいです。

→作品一覧に戻る

「天地」
松江 まお(水戸啓明高等学校 3年)

【仕様】
油彩画、プラダン等によるアサンブラージュ(立体物の集積)。
【アピールポイント】
小さめのキャンバスを合わせて、1つの作品にしました。間にプラダンをはさんだりして、アクセントをつけました。特にトカゲを頑張りました。

→作品一覧に戻る

水戸電子専門学校

このページのトップへ