水戸電子専門学校

国家試験への道 充実した体制が合格への近道

情報処理国家試験は、取得すれば将来大きな強みになります。もはや、ITなくしてビジネスは成立しません。
学生一人ひとりのスキルをもっと伸ばし、の磨きをかけるシステムで、合格への道をしっかりとサポート。関東屈指の資格取得実績を誇る水戸電子で、時代の最先端を担うエンジニア・クリエイターになろう!!

関東屈指の高い合格実績!!
情報処理国家試験合格者101名!!(過去3年間の在学生の実績)

最難関試験合格者も!

高度情報処理技術者 2名
応用情報技術者 3名
基本情報技術者 34名
ITパスポート 62名

プロを育てる「3つの柱」

国家資格取得

情報処理国家試験には「ITパスポート」、「基本情報技術者」、「応用情報技術者」に加えて、さらに上位の「情報処理安全確保支援士」、「高度試験(8区分)」が存在しています。水戸電子では、1年次から資格試験対策をスタートし、基礎からしっかりと学ぶことができます。さらに、「基本情報技術者」の午前試験が免除となるシステムがあり、難易度の高い試験を強力にサポートします。

 

【LEVEL1】ITパスポート
ITの開発者、利用者の区別なく、また、全ての職業の人が共通して備えるべき、情報技術の基礎知識を測るための試験です。
【LEVEL2】基本情報技術者
基本情報処理技術者としての「知能・技能」の水準を測るための試験。基本的な知識を幅広く問う「午前」試験と、より高度な情報技術の知識を問う「午後」試験に分かれます。
【LEVEL3】応用情報技術者
高度IT人材となるために必要な応用知識・技術をはかるための試験。選択式の「午前」試験と、記述式の「午後」試験に分かれます。
【LEVEL4】情報処理安全確保支援士など
情報セキュリティに関する資格の中では国内最難関で、高度な知識・技能が求められます。他にもネットワークスペシャリストなど8 つの試験がLEVEL4として区分されています。

知識・技術の習得

さまざまな知識・技術を習得可能!

  • プログラミング
  • オペレーション
  • ネットワーク
  • 家電販売
  • 電子制御
  • ビジネス
  • イラスト・アニメ・デザイン

民間検定試験の合格

ITに関する高度な専門知識を持った人材、企業の経営戦略に基づいてIT戦略を策定・提案・推進できる人材が求められるため、たくさんの資格取得と理解度をサポートしていきます!

  • 理解度の確認
  • 就職活動の武器
  • 企業人としてのスキル習得

国家試験合格までの流れ

国家試験合格までの流れ

午前試験免除制度の紹介

「午前試験免除」で合格率UP!

本来は「午前」「午後」試験を同日に受験する基本情報技術者試験。水戸電子では認定講座の受講および修了試験の合格により、午前試験の受験が免除となり、難易度の高い同試験の合格率がグンとUPします!!

「午前試験免除」のメリット

午後試験の科目に絞って試験対策が出来る! だから、開始ギリギリまで「午後試験」の最終チェックが可能に!

  • 試験当日は「午後試験」だけ…
  • 試験時間が半分でOK!ゆとりをもって会場に行くことが出来る!

平成29年度に75%の学生が合格を得ています。

水戸電子専門学校

このページのトップへ